ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



FAQ ver1.2より(その4)
 ちょっと引っ張りすぎかもしれないと思いつつも、時間が相変わらずなので細切れにいきます。
----------------------------------------------------------------
Q:
跳躍攻撃を行う時、跳躍するフィギュアは援護攻撃、AlertnessやAuraのような能力によって生成される攻撃を受けますか? もしそのフィギュアがそれらのどれかの効果によってダメージを受けた場合、Berserk能力はその攻撃ロールで適用してもかまいませんか(Berserkを持っていると仮定して)?
A:
はい、ほとんどの計算の上では。跳躍するフィギュアはAuraに免疫がありますが、他の場合には全ての上記の効果に従います。援護攻撃などは跳躍する創造物の攻撃の前に生じるので、もしそれがダメージを得る場合跳躍の間にそのBerserk能力を適用してもかまいません。フィギュアがそれらの効果のいずれかで殺される場合、全く攻撃ロールを行うことができないことに注意してください。

Q:
跳躍攻撃を行う時、Grappleを持った敵によってフィギュアは動かないようにすることができますか?
A:
いいえ。跳躍はフィギュアがGrapple効果から逃れることができるとても少ない方法の1つです。

Q:
跳躍攻撃を行う時、ブラッドエイプは2倍のエリアに影響することができるように”横への”跳躍ができますか?
A:
いいえ。”Journeys in the Dark”ルールの15ページの巨大なフィギュアの移動ルール、およびページ17の図を参照してください。跳躍を使うモンスターは、特に述べた場合を除き、まだ全ての通常のルールに従わなければなりません。

Q:
跳躍を備えた創造物は(跳躍することなく)通常の攻撃ができますか?
A:
はい。跳躍はオプションです。
----------------------------------------------------------------
 最初の質問は、跳躍している間に援護攻撃ができるか? ということかもしれませんね(無理ですけど)。

何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント
No title
おお、逆でしたか、申し訳ない。

私が直訳が苦手ということで、
お気になさらず、、、

[2008/03/15 11:21] URL | 瑞兆(ずいちょう) #aV5IA.xg [ 編集 ]

自分の訳はわかりにくいですかね(汗
 ども、コメントありがとうございます。

 いや、その逆だと思います。Auraに免疫がある、ということは影響を受けない、ということですから。
 ただし、Auraの範囲内にLeap後着地する場合は、その時にダメージをくらうでしょうね。
[2008/03/15 00:36] URL | 会長(kita) #ia25j0LY [ 編集 ]

No title
おお、外観が渋くなりましたな。
コメントスペースもひとまず私には影響無のようです。

で、直訳だとよく分からなかったので確認。
LEAPで飛ぶ際、途中でAURAを持った英雄がいる場合、ダメージを受ける・・・でいいんですよね???
[2008/03/14 13:59] URL | 瑞兆(ずいちょう) #dDGEL1go [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック