ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第12回:おまけ)
前回の活動報告(2/19)の最後に、「ちょっとしたテストプレイ」をしたと言う話をしたっきりそのままでしたので、今回ちょっとその話をしたいと思います。

#本来であれば、『The Road to Legend』
#プレビューの話をしないといけないんです!
#油断してたらプレビューも第3段まで
#進んでいます。かなりビックリのハイペース
#です。まあネタが増えてるとも言えるので、
#こっちはのんびりいきましょう。

ということでテストプレイに参加したのは自分(kita)、Golem氏、瑞兆氏の3名。内容はずばりこれですっ!

 『The Black Blade』に英雄2人で立ち向かえるのか?

ただし条件があります。

1.基本セットのみ使用(拡張を入れない)。
2.英雄、スキルカードは自由に選択する。
3.呪いの発動は、封印を完全解放した後のみ。

誰がどのキャラを担当する、ということも無しにして、オーバーロードカードも表にして、ダンジョン内のモンスターとかポーションとかも並べて準備は万端です。

まずキャラクター&スキルカード選択です。しばちゅー氏も最強と押す「精霊語りのモック」を入れることにします。さらに「Soulbiter」持ち(遠距離系キャラ)には「Cautious」を載せます。英雄2人というしばりによって、OLが獲得する脅威トークンが少ないところに「モック&Cautious」によってさらに不利にしてやろうという魂胆。

さらに、英雄2人によって生じる死角をできる限り少なくするため、「ねずみのボッグ」もスキルカードとしては欲しいところです。これは「モック」に持たせます。ここまではすんなり決まりました。

問題はここから。「Soulbiter」を誰に持たせるか、です。とりあえず遠距離系のキャラを適当に選択して進めてみることにしました。



(約2時間経過)

いっこうに勝ち筋が見えません(涙
途中で何回か「モックの相方」を入れ替えたりしてみたのですが、すんなりとは最初のエリアを突破できません。たいていOLは数ターンあればほぼ間違いなくSpawnカードを引きます。いくら「モック&Cautions」という脅威コストに非常に困るコンボを決めているとはいえ、カードを破棄して得られるコストには制限がありません。「Doom」だろうと「Brilliant Commander」だろうと即廃棄して、「Beastmen War Party」とか「Skeleton Patrol」とかプレイしてきます。

相方の「Soulbiter」持ちをいろいろ変えてみたのですが、「モック」のアーマー0がたたってあっさり殺されてしまいます。しかもどちらの立場でも最善の手を選ぼうとするあまり、1回の行動を決定するまでにすごく時間がかかります。
例えば、最初のターンで開始エリアからエリア1に通じる扉を開こうとすると、どうしてもスケルトンに先手を取られてしまいます。うまく攻撃を当てたとしても何故かマスタースケルトンが「Undying」で復活してしまいます。そのため途中から「最初のターンは2人とも扉の前に集結するだけでいいのでは?」と提案してみたりしました。カード2枚+脅威1点は渡してしまうのですが、確実に攻撃を当てられるからです。ゆっくり進むことを意識した方が良い結果が得られそうだという感じです。

いろいろ検討した結果(さらに2時間ほど経過)、「モック」の相方には「ワン・フィスト」が良いのではないか? ということで何回目か数えられないほど行ったプレイをまた再開しました。最初のエリアを攻略して、結構順調に敵を殲滅できたため、これは良いのではないか? という感触を得ました。ところがこの時点で午前2時。さすがに3日目はゆっくり休みたいと考えていた自分は、申し訳ないと思ったのですが2人にお帰りいただき、寝ることを選択しました。

それ以降約2週間、自分は1人でこの課題に取り組みました。このときには条件を少し厳しくして、「呪いの発動」は最初から、ということにし、さらに「モック&Cautions&ネズミのボッグ」は使わないことに。それ以降約10数回プレイしてみたのですが、どれもなかなかうまくいきません。エリア1→3→7の順で攻略する予定なのですが、エリア7までたどり着いたのがたったの1回。それ以外は全てエリア3で全滅してしまいます。う~む、厳しいクエストだ(涙

さて、上記の1~3の条件で、英雄2人による「The Black Blade」の攻略は可能なのでしょうか?

何かアイディアを思いついた方はコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック