ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第17回)
 以前のblogと違って、ここは有名なのか変な広告コメントが入ってきます。とりあえずIP禁止&コメント削除したのですが、このせいで「友の会」の方がコメントできなくなったらkitaまでメールでご連絡ください。
---------------------------------------------------------------
 さて、次の日(16日)は高松のコープの会議室をお借りして、いつも他のボードゲームを遊ばれている「のらりくらり」の皆さんにディセントを普及しようという目的で、ディセントを持って行きました。香川ディセント友の会のメンバーは現在のフルメンバーです!

#とはいえ6人ですが(汗
#それでも3セットあるんだからすごいでしょ!

 ディセントは初心者の「のらりくらり」の方々には、英雄を2枚ずつ選択していただき、6人の中から3人を選択してうことに。しかしどれを選んだらいいかわからないようでしたので、友の会のメンバーからこれがいい、という3人にしてプレイ開始です。

 まず自分が基本的なルール説明をします。わからなくなったら困るとの配慮で、Golemさんがホワイトボードに補足説明を書いてくれました。

 なお、残りの「友の会」4人は、別卓を立てて同じクエストでしっかり遊んでいました。そちらの模様も知りたいので、メールとかコメントとかいただけるとありがたいです。

香川ディセント友の会 第17回遊会

OL:橋架
英雄:イスファ、魔法戦士イェーズ、賢者ランドレック
クエスト:JitD#1

 自分はルールの補足のつもりで横から見てました。ランドレックのスキルカードが「Precision」「Blessing」「Wild Talent」とOLにとっては鬼のようです。しかもイェーズには「Relentless」「Boggs the rat」「Prodigy」があり、まるで英雄が4人いるようです。じゃあイスファは仕事してないのか? そんなことはありません。OLにとっては悲劇とも言える「Battle Cry」「Cautious」「Skilled」。正直、自分がOLだったら泣いてるかもしれません。

 途中でも、「ここ射線通る?」との質問にボルトテンプレートで確認を一緒にしてましたが、ボッグのせいで射線が塞がれる塞がれる。英雄たちからも「このねずみ良い仕事するなぁ」と感心の声が出ていました。

 時間はかなりかかり、エリア1を突破するだけで2時間ほどかかりましたが、あまり英雄も死ぬこともなく、エリア2→エリア3と突破し、銀の宝をきっちり取ってパワーアップ。モンスターに囲まれたときも、銅&銀の宝や自分の特性を活かして、きっちり全滅させます。ラスボスナルサクも数ターンで滅ぼされ、結局英雄側勝利となりました。プレイ時間は5時間ほど。お疲れ様でした。

 やはり他のボードゲームをよくプレイされている方々でしたので、ディセントもルールさえ飲み込めばしっかりしたプレイをされるようで、さすがだなぁ、と感心しました。かなり頭を使ってのプレイでしたので、楽しさより疲れの方が先に出ているようでしたけど、またプレイしたいものです。

 何か記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
どうもありがとうございました
 ども、kita@香川ディセント友の会です。コメントありがとうございます。

>瑞兆さん
 勝率良すぎですっ!(涙
JitD#1はしばちゅーさん並に慣れた感じになりましたね。そろそろ他のクエストにも手を出していきましょうか? 拡張はその後でもかまわないと思いますよ。まだ「共の会」のメンバーでも遊んでないクエストはたくさんありますからね。

 あと英雄:スカイって! スカイって!(汗 一応「鷹匠ヴィラ」って名前があるんですから、そっち書きましょうよ~

>お手玉ピエロさん
 こちらこそ楽しかったですよ。楽しさと緊張感の両方を楽しんでもらえたようでよかったです。もし合同ゲーム会を開催するとしたら「のらり・くらり」の定例会以外の日程ということになるでしょうから、またそちらの都合の良い日をご連絡ください。

そしたら!
[2008/03/22 19:07] URL | 会長(kita) #x/3PZ8g. [ 編集 ]

また遊びたいですね。
こんにちは「のらり・くらり」代表のお手玉ピエロです。今回はディセント体験ゲーム会面白かったです。
個人的には頭の半分は今回のイェーズの役割(パーティの前衛)のごとく突撃気分で遊びながら、もう半分で射線や
OLの手札やポイントに注意しながら緊迫したゲーム内容を楽しみました。また合同ゲーム会をしたいと考えてますのでそのときは宜しくお願いします。
[2008/03/21 11:42] URL | お手玉ピエロ #tqfxb1io [ 編集 ]

それでは簡単に
もう1卓側の簡易レポートです。
OL:瑞兆
英雄:グレイ・カー(tsujiさん)、魔法戦士イェーズ(Golemさん)、鷹匠ヴィラ(しばちゅーさん)
クエスト:JitD#1

【スキル】
グレイ・カー:Acrobat、Crack Shot、Blessing

イェーズ:Battle Cry、Inner Fire、Mata and Kata

スカイ:Weapon Mastery、Precision、Swift


結論
「カード運は実力差を超える。」
道中、色々ありましたが、程よいモンスター召還とダークチャームで
ある程度のポイントを減らすことはできていましたが、
あと1歩、4P奪うことができず、苦労していました。
が、回ってきたカード2枚がRage2枚だった時、
作戦は決まりました。
まずはソーサラーサークルで2名のソーサーラーを召還。
手持ちのChargeでマスタービーストマンを移動させ、
4P持ちのイェーズを攻撃。
次にソーサラーの波状攻撃!
さすがのイェーズもHPが0になり、昇天。

そのほかにも、Crushing Block、Spiked Pitなど
序盤で美味しいカードを引きまくり、カード半ばにして、
Beastmen War Partyを2枚引ききるという、
こんなに美味しくてよいのかと迷うほどのカード運でした、
あまりの運のよさに、1stエリアを少々だらけてしまい、
真剣勝負こそ妙味であるはずのゲームで不快感を感じさせてしまったことが
大きな反省点でした。

が、とりあえずOLで勝利を迎える事ができました。

と、ここで自分の戦績整理
JitD#1×3 勝利×3(1回はGolemさんとの共闘)
JitD#7×1 勝利
JitD#8×1 負け

ジャーニー縛りの上、JitD#1が多いものの、
勝率8割とは良い成績かもしれません。
ただ、意外とPL側の時に、負けが多いような気がするのは気のせいでしょうか。(笑)
ともあれ、そろそろ拡張に入らなければならない時期なのかもしれません。
でも、拡張が入ると英雄たちが格段に強くなるからなあ・・・

っと、ちなみに私のOL後、
リベンジ!と称されまして、
tsujiさんがOLでもう一度同じシナリオがプレイされましたが、
このレポートは別の方にお譲りいたします。(笑)

[2008/03/20 20:43] URL | 瑞兆(ずいちょう) #3gHKKCQQ [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック